新譜・新刊の予約ご案内


オーダーNo. / レーベル・出版社 / 盤種類・楽譜


国内盤【予約商品】

輸入盤【予約商品】

楽譜【予約商品】


新譜・新刊の予約を受け付ています。購入ご希望のかたは予約締め切りまでにカートよりご注文ください。

入荷後に商品代金・送料をご連絡を差し上げますので、銀行または郵便局でお支払いください。

入金確認後に商品を発送いたします。

国内盤【予約商品】

予約締め切り 2021//

只今 予約商品はございません


輸入盤【予約商品】
(価格は為替の変動により入荷時に変更の場合がございます)

予約締め切り 2021/6/20

ひとりひとりがちがって- 小さな子供と大きな子供のための歌 - Nan av varje sort-Sanger for sma barn - och stora -
 伝承曲:Var ar tummen?/Tummetott/Broder Jakob(親指さんどこ?/ヤーコプ修道士(フレール・ジャック))
 グンローグ・ルーセーン、グスタフ・ルーセーン(作詞)グスタフ・ルーセーン(作曲):Fotte(r 足さん、足さん)
 ユッヤ&トゥーマス・ヴィースランデル(作詞・作曲):Gapata(ゴーポートー)(つまさき歩き)
 マリアンネ・アスペリーン(作詞)、ベッティル・ハッリーン(作曲):Det finns nan av varje sor(t ひとりひとりがちがってて)、Nagon gangla(t ノーゴン・ゴングロート)
 伝承歌詞、ブリット・ハルクヴィスト(作詞)・伝承曲:Det kommer en mus/V ar bor du lilla ratta? (ねずみがいっぴきやってくる/ねずみちゃん、おうちはどこ?)
 伝承歌詞・アリス・テグネール(作曲):Katten och svansen(ねことしっぽ)
 伝承曲:Imse Vimse spinde(l ゆらゆらクモちゃん)、Lilla snige(l ちいさなかたつむり)
 ユッヤ&トゥーマス・ヴィースランデル(作詞・作曲):Min lilla kraksang(ぼくのちいさなカラスの歌)
 マーリン・ブリング(作詞・編曲)・伝承曲:Ostersjon - Den lilla sillen(バルト海 - ちいさなニシン)
 ジェイムズ・ホリングワース(作詞・作曲):Jag ar en liten mor(t ぼくはちいさなウグイ)
 ユッヤ&トゥーマス・ヴィースランデル(作詞・作曲):Gunga lite grann(ちょっとだけブランコゆらして)
 伝承曲:En kulen nat(t どんよりしたよる)、En liten ba(t ちいさなボート)
 バーブルー・リンドグレーン(作詞)、ゲオルク・リーデル(作曲):Den har spiken(くぎをみつけた)
 伝承曲:Jag hamrar och spika(r ぼくはかなづちでくぎをうつ)
 レッナールト・ヘルシング(作詞)、クヌート・ブルーディン(作曲):Klipp kilpp sager saxen(はさみがチョキチョキ)
 モニカ・フォシュベリ(作詞)、シェシュティン・アンデビュー・ヴァングレーン(作曲):Krokodilen i bilen(ワニがくるまに)
 伝承曲:Hjulen pa bussen(バスのしゃりん)
 レッナールト・ヘルシング(作詞)、クヌート・ブルーディン(作曲)・伝承曲:Herr Gurka/Baka, baka liten kaka(グルカさん/ちいさいケーキをやいて)
 伝承曲:Tjugovisan(にじゅうのうた)、En elefant balanserade(ゾウさんがバランスをとって)
 ラーシュ・オーケ・ハーグルンド、ベンクト・リンネ、マグヌス・ヘーレンスタム、ラーシュ・エーリク・ブレンストレム(作詞)、ベンクト・エーンリュード(作曲):Elefantsangen(ゾウさんのうた)
 ボルグヒルド・アルネール(作詞・作曲):Fyravisan(よんのうた)
 伝承曲:Tjugovisan(にじゅうのうた)(つづき)
 グンネル・リンデ(作詞)、ブー・スンドブラード(作曲):Den olydiga ballongen(ゆうこときかないふうせん)
 アストリッド・リンドグレーン(作詞)、アンデシュ・ベリルンド(作曲):Vad det ar bra att jag har de(j きみがいてくれてよかった)
 伝承曲:Kling klang klockan sla(r キンコンカンコンとけいがなる)
 伝承歌詞・アリス・テグネール(作曲)、ブー・リッデルストレム(編曲):Tula hem och tula val(l いえにかえってくさをおたべ)
 アンナ・セーデルベリ=オッレテーグ(作詞・作曲):Jag har en pyjamas(ぼくのパジャマはおばけのもよう)
 ジェイムズ・ホリングワース(作詞・作曲):Tandborstvsan(はぶらしのうた)
 バーブルー・リンドグレーン(作詞)、ゲオルク・リーデル(作曲):Lilla Nallen min(ぼくのかわいいおもちゃのくまさん)
 サミュエル・ヘードブム(作詞)、アリス・テグネール(作曲)、アンナ・セーデルベリ=オッレテーグ(編曲):Ute blaser sommarvind(外は夏の風が吹き)
 伝承曲:Blinka, lilla stjarna(きらきらひかる小さなおほしさま)
 マルギット・ホルムベリ(作詞・作曲):Trollmors vaggsang(トロルのかあさんのこもりうた)
 クリスティーナ・ラーゲルレーヴ(作詞)・伝承曲:Nar manen vandra(r 月がさまようと)
 伝承曲・アンナ・セーデルベリ=オッレテーグ(編曲):Bussan lul(l ビュッサン・リュル)(子守歌)
 ※セッション録音:2020年9月25&26日/ファシュタ小学校講堂(ストックホルム)/制作:インゴ・ペトリ 録音:トーレ・ブリンクマン
----------
アドルフ・フレードリク音楽学校の生徒たち / マリア・ゴウンドリーナ(指揮)、アンナ・セーデルベリ=オッレテーグ(指揮)、マルクス・ユーセフソン(指揮) / ニンニス・ヴァーダーグスルム [ニンニ・バウティスタ(フルート、パーカッション、歌)、アンドレーアス・ランデグレーン(ピアノ、キーボード、プログラミング)、コンラード・ブークヴィスト(ギター)、セバスチャン・ハンケシュ(ベース)、イーサク・アンデション(ドラム、パーカッション)]/Adolf Fredriks musikklasser
12106010 / BIS / 輸入盤 予約ご注文へ

ドヴォルザーク:レクイエム Op.89 - Dvorak: Requiem Mass Op.89 - (2CD)
 ドヴォルザーク:レクイエム Op.89
 ※録音:2016年9月1日-2日(バカウ、ルーマニア)
----------
ミハイル・ジョラ・フィルハーモニー管弦楽団、ガヴリール・ムジチェスク・アカデミー合唱団、マリアーナ・パノヴァ(ソプラノ)、フロリンティーナ・オニック(メゾ・ソプラノ)、ミハイル・ミハイロフ(テノール)、プラーメン・クンピコフ(バス)、ウィル・ケスリング(指揮)/Orchestra Filarmonicii "Mihail Jora", Coru Academic "Gavriil Musicescu" al Philarmonicii Moldova, Mariana Panova(sop), Florintina Onic(mez), Mihail Mihaylov(ten), Plamen Kumpikov(bas), Will Kesling(cond)
12106009 / CENTAUR / 輸入盤 予約ご注文へ

ケルビムより誉れ高き - テオトコスを称えるロシア正教会の聖歌集 - More Honourable than the Cherubim -
 ペーテル・ディネフ(1889-1980):It Is Truly Meet
 パーヴェル・チェスノコフ(1877-1944):O Theotokos,We Shall Never Cease Proclaiming/Let Us Pray to the Most Holy Theotokos*/O  Fervent Intercessor/Revealing to Thee the Pre-eternal Counsel*/Beneath Thy Compassion
 アレクサンドル・グレチャニノフ(1864-1956):Let Us Hasten with Fervour
 ミハイル・ポポフ=プラトノフ(1879-1942):Thou Joy of All the Sorrowfu(l ブルガリア聖歌による)
 セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943): The Theotokos, Who Is Ever-vigilant in Prayer
 セルゲイ・トルバチョフ(1919-1995):Troparion to the 'Donskoy' Icon of the Theotokos/Oh, How Sweet Is Thy Voice
 ヒョードル・イワノフ(c.1855-1920):Do Not Lament Me, O Mother
 ボリス・レドコフスキー(1894-1975):We Have No Other Help
 ステパン・デグチャリョフ(1766-1813): At Thy Deathless Dormition
 皇帝フョードル・アレクセーエヴィチ(1661-1682):It Is Truly Meet
 アレクサンドル・レドコフスキー(1944-2004):Exaposteilarion for the 'Kursk Root' Icon of the Theotokos(プテヴォイ聖歌による)
 コンスタンティン・シュヴェドフ(1886-1954):It Is Truly Meet
 ニコライ・ウヴァーロフ(1883-1942):The Angel Cried Out
 ※録音:2019年8月23日-26日、聖ニコラス教会(ロシア、サラトフ)
----------
ウラジーミル・ゴルビク(指揮)、パトラム・インスティテュート男声合唱団、ミハイル・ダヴィドフ(バス・バリトン)*/PaTRAM Institute Male Choir
12106011 / CHANDOS / 輸入盤 予約ご注文へ


楽譜【予約商品】

予約締め切り 2021//

只今 予約商品はございません



国内盤・輸入盤 新譜 【入荷商品】
※[未案内旧譜]含む

入荷日 2021/6/18

ヒエロニムス・ボスの合唱曲集 第2集 - The Den Bosch Choirbooks vol. 2 - (SACD Hybrid)
 ジャン・ムートン(1459-1522):Motet Tua est potentia
 聖歌:Introitus Protexisti me
 ジャン・ムートン:Missa Tua est potentiaより Kyrie, Gloria
 聖歌:Alleluia Clamaverunt iusti / Alleluia Dominus in Synai / Sequentia Verbum Dei Deo natum
 ジャン・ムートン:Missa Tua est potentiaより Credo / Offertorium motet Salva nos Domine
 聖歌/作者不詳:Prefatio
 ジャン・ムートン/作者不詳:Missa Tua est potentiaより Sanctus with Elevation motet - O salutaris hostia
 聖歌:Pater noster
 ジャン・ムートン:Missa Tua est potentiaより Agnus Dei
 聖歌:Communio Ego sum vitis
 ジャン・ムートン:Motet Da pacem Domine
 ※録音:2020年8月19,20,22,23日
----------
15-16 世紀のポリフォニーを得意とするヴォーカル・アンサンブル「カペッラ・プラテンシス」が、オランダの画家ヒエロニムス・ボス(1450-1516) の没後500年記念として2016年に始めたシリーズの第2 集。同時期に作曲されたムートンのミサを中心に、聖歌などを絡めて構成されています。楽譜を吟味し原典に忠実な演奏を行う彼らは批評家や音楽雑誌等からも高い評価を受けており、このアルバムも隙のない歌唱が見事。
カペッラ・プラテンシス/Cappella Pratensis
12105004 / 2900 円 / CHALLENG CLASSICS / 輸入盤 ご注文へ
 
イン・メモリア・エテルナ - IN MEMORIA ETERNA -
 モサラベ聖歌とモロッコのサマア集
 ※録音:2019年10月
----------
ペレスとアンサンブル・オルガヌムが20年以上あたため探求し続けたプロジェクトがついに録音のはこびとなりました。1997年、ペレスは、モサラベ聖歌(アラブ支配下にあったスペインのキリスト教徒の聖歌)とモロッコのサマア(イスラムのスーフィーが取り入れた、音楽を聴くこと)の精神修養を並行して探求し始めました。この2つの宗教の違いはさておき、ペレスたちは2つの音楽表現の間に多くの親近性を見出しました。音楽を通して、失われつつある人類の兄弟愛を取り戻そうという、まさにユートピアのような発想が生まれました。登盤では、ディスク冒頭で「愛がすべてを救う」という内容の詠唱が聞かれたのち、モサラベの典礼の冒頭で歌われる聖歌、そしてイスラム教でスーフィーの祈りをささげる儀式をしている人に呼びかける音楽が続く、という、まさにキリスト教とイスラム教の音楽が入り混じったかたちで構成されておりますが、古今東西を問わず、人間が平和と平安を希求する気持ちはみな同じであることをあらためて感じる内容となっています。と同時に、ペレスらの研究と資料読解の労苦、そして様々な音楽を演奏する能力にも敬意を表したくなる1枚です。マルセル・ペレスは1956年アルジェリア生まれのフランスの指揮者。1982年に中世音楽を演奏する「アンサンブル・オルガヌム」を結成。作曲当時の手法で演奏する古楽奏法により、各地に残る聖歌などの宗教音楽を演奏しています。
マルセル・ペレス(指揮)アンサンブル・オルガヌム/Ensemble Organum, Marcel Peres
12105005 / 3050 円 / harmonia mundi / 輸入盤 ご注文へ

入荷日 2021/6/4

シュニトケ:無伴奏合唱のためのコンチェルト、ペルト:7つのマニフィカト・アンティフォナ - Schnittke: Concerto for Choir,Part: Magnificat-Antiphons - (SACD Hybrid)
 1. シュニトケ:無伴奏合唱のためのコンチェルト(1984-85)
 2. シュニトケ:3つの聖歌(1984)
 3. ペルト:7つのマニフィカト・アンティフォナ(1988/1991)
 [60'22]
 ※セッション録音:2020年1月27-31日/聖ニコラス教会(タリン、エストニア)/プロデューサー&サウンド・エンジニア:イェンス・ブラウン(Take5 Music Production)
----------
SACDハイブリッド盤。プトニンシュ率いるエストニア・フィルハーモニック室内合唱団によるシュニトケ&ペルトの合唱作品集第2 弾の登場!BISレーベルからリリースされている「シュニトケ:悔悛の詩編、ペルト:マニフィカト&主よ、今こそあなたは」(BIS SA-2292)は2018年英国グラモフォン賞の声楽部門を受賞しており、当アルバムも非常に期待が高まります。シュニトケの「無伴奏合唱のためのコンチェルト」は10-11 世紀に活躍したアルメニアの詩人グレゴールのテクストを用いた4 部の作品。一方、「3つの聖歌」は1984年に当時国立シンフォニー・カペレ合唱団の指揮者だったヴァレリー・ポリャンスキーの依頼で作曲したものでやはりテクストはグレゴールの詩を用いています。ソ連時代ながらロシア聖歌の様式にのっとっているのが非常に斬新です。ペルトがRIAS 室内合唱団設立40周年を記念して作曲した「7つのマニフィカト・アンティフォナ」。当時の西ベルリンで初演され、その後1991年に改訂版を発表。当録音ではその改訂版で演奏しております。テクストは、クリスマス・イヴまでの12月17日から2日のローマ・カトリック教会の「夕べの祈り」の典礼に基づき、ペルト独自の崇高な世界が広がります。エストニア・フィルハーモニック室内合唱団の純度の高い歌声をお楽しみください。
エストニア・フィルハーモニック室内合唱団、カスパルス・プトニンシュ(指揮)/EPCC&Putnins
12104011 / 3050 円 / BIS / 輸入盤 ご注文へ

パーセル:チャールズII世のための歓迎歌集(ウェルカム・ソング集) Vol.4 - Purcell: Royal Welcome Songs for King Charles II Vol.4 -
 パーセル:神よ統治者チャールズを助け給えZ.250、歓迎歌 《イシスよ、さらに迅く行け》 Z.336、イン・ノミネ - 6声のファンタジア Z.746
 ジョン・ダヴナー:ベネディクトゥス(ミサ・グロリア・ティビ・トリニタス より)
 パーセル:イン・ノミネ- 7声のファンタジア Z.747、劇音楽 《テオドシウス、または愛の力》 Z.606 からのセレクション、アンセム 《主はわが光、わが救いなり》 Z.55、歓迎歌《夏の不在をさり気なく忍ぶ》 Z.337
 ※録音:2019年1月9日-11日、聖オーガスティン教会(キルバーン、ロンドン、イギリス)
----------
2019年に結成40周年を迎えた、合唱王国イギリスが世界に誇る至上のハーモニー、ザ・シックスティーン。2017年にスタートしたシリーズ、夭折の巨匠ヘンリー・パーセルの「王室行事のための作品集」の第5弾!王室の弦楽合唱団の常任作曲家兼指揮者、王室付きの楽器管理者、宮廷礼拝堂のオルガニストなどの要職を歴任し、国王が首都に帰還した際の王室行事や儀式で演奏するための「歓迎歌(ウェルカム・ソング)」や「頌歌(オード)」によってその地位と名声を高めたパーセル。1660年にイングランド議会を解散した後、翌1661年にイングランド王に即位し、共和制の終焉と王政復古期の始まりを呼んだチャールズII世のために作曲された歓迎歌集第4巻は、「イシスよ、さらに迅く行け Z.336」と「夏の不在をさり気なく忍ぶ Z.337」の2つの歓迎歌に劇音楽「テオドシウス」(抜粋)やアンセム、イン・ノミネ、ジョン・ダヴナーのベネディクトゥスをカップリング。わずか36歳で亡くなりながらも、英国音楽史上もっとも注目すべき天才音楽家の一人であったパーセルの優れた遺産を、ザ・シックスティーンの見事なアンサンブルで探求します。
ザ・シックスティーン、ハリー・クリストファーズ(指揮)/The Sixteen, Harry Christophers(cond)
12104017 / 2600 円 / CORO / 輸入盤 ご注文へ

イザーク:ミサ曲 《どうしたら楽しみを手に入れられるだろう》 - Isaac: Missa Wohlauff gut Gsell -
イザーク:
 1-21. ミサ曲 《仲間たちよ、ここから健康を祈ってるぜ》(シャンソン《どうしたら楽しみを手に入れられるだろう》によるミサ曲)*
ジョスカン・デ・プレ:
 22. どうしたら楽しみを手に入れられるだろう
イザーク:
 23. 思い出して下さい, イエス・キリストよ
 24-26. Quis dabit pacem populo timenti?
 27. Sive vivamus, sive moriamur
 28. Parce, Domine, populo tuo
 29-30. O decusecclesiae
 31-33. ユダとエルサレムよ
 ※録音:2020年1月6日-8日、マウアーバッハ教会(ウィーン)
----------
ヨーロッパ各国(オーストリア、ベルギー、イギリス、ドイツ、スイス)のプロフェッショナルな歌手が集ったルネサンス系男声ヴォーカル・アンサンブルの最高峰、「チンクエチェント」。これまで、ジャン・リシャフォールやフィリップ・シェーンドルフ、フィリップ・デ・モンテ、ヤコブ・ルニャールなど、フランドル楽派を中心とするルネサンスの知られざるプログラムでアルバムを彩ってきたチンクエチェントの新録音は、ハインリヒ・イザーク!同世代の巨匠ジョスカン・デ・プレのライバルでもあり、フィレンツェのロレンツォ・デ・メティチや神聖ローマ帝国のマクシミリアン1世に重用されるなどルネサンス全盛期に大きな影響力を持ちながらも、現代ではジョスカンの陰に隠れてしまっていたイザークのミサ曲とモテット集。ミサ曲 《どうしたら楽しみを手に入れられるだろう》(Missa Wohlauffgut Gsell)は、当時のポピュラー・ソング(恐らく元々はフランス語で、後に別のドイツ語のテキストが付けられた)の旋律を基にしたパロディ・ミサで、ジョスカン・デ・プレが同じ旋律を基に作ったポリフォニック・バージョンのモテット(Comment peult avoir joye?)でも知られています。1490年頃に4声のミサとして作曲された後に声部が拡張され、6声のミサ曲として完成したイザークのもっとも素晴しい作品の1つ。ゲスト・メンバーとして、ミサ曲ではポーランド出身のテノール、ヤン・ペトリカが参加しています。
チンクエチェント(男声ヴォーカル・アンサンブル)〔テリー・ウェイ(カウンターテナー)、アヒム・シュルツ(テノール)、トーレ・トム・デニス(テノール)、ティム・スコット・ホワイトリー(バリトン)、ウルフリード・スターバー(バス)〕、ヤン・ペトリカ(テノール)*/Cinquecento
12104002 / 2450 円 / HYPERION / 輸入盤 ご注文へ

永遠 - 合唱作品集 - Aeternum -
 エーリクス・エシェンヴァルズ(b.1977):露
 イリーナ・ミハイロフスカ:火の儀式
 ヴァルツ・ピューチェ(b.1962):歌唱祭で
 アンドリス・ジェニーティス(b.1978):空から
 ペーテリス・ヴァスクス(b.1946):われらの山々
 リハルズ・ザリュペ(b.1983):風に呼ぶ声
 ウルディス・マルヒレーヴィチス(b.1957):わたしたちは
 ヴィルニス・スミドベルグス(b.1944):落ちゆく葉
 マイヤ・エインフェルデ(b.1939):色彩
 アンドリス・コンタウツ(b.1974):海の母よ,しもべたちを抑えてくれ
 アンナ・チルセ(b.1988):濃い霧が大地をおおい
 ヤーニス・アイシュプルス(b.1980):祈り
 アンシス・サウカ(b.1963):星の静かな光とともに
 ユリス・クラコフス(b.1958):森で夜
 ティグルス・ライモンズ(b.1972):ウズラクイナの歌
 イェーカブス・ヤンチェフスキス(b.1992):永遠
 ※録音:2020年、聖ヨハネ教会(リガ、ラトビア)
----------
ラトビア国立合唱団は、創設から75年以上が経ちました。1997年からラトビアのマーリス・シルマイスが芸術監督と首席指揮者を務め、アカペラ作品のコンサートのほか、国際的に有名なオーケストラの大規模な作品の演奏に参加。ラトビア放送合唱団とともにヨーロッパの著名な合唱団に名を連ねています。ラトビア国立合唱団とシルマイスは、ラトビア共和国が独立100年を迎える2018年、プロフェッショナルもアマチュアも歌える新しい「ラトビアの歌」を求めるプロジェクトを企画しました。もっとも新しい世代の人たちを含む多彩なジャンルとスタイルの音楽家77人に作品を委嘱。「火、水、地、空、愛」のどれかをテーマに作曲された作品が、国立図書館のホールで3年かけて行われた、5回のコンサートで歌われました。このアルバムでは、その中から選んだ16曲が歌われています。
ラトビア国立合唱団、マーリス・シルマイス(指揮)/ate Choir "Latvija"
12104015 / 2600 円 / Skani / 輸入盤 ご注文へ

入荷日 2021/5/23

ルターの晩餐会-シャイト、シュッツ、プレトリウスの宗教的合唱曲集 - Scheidt,Schutz,Praetorius: Vepres lutheriennes -
 エルバッハ:入祭唱 ハ長調
 シャイト:「今ぞ、わが魂よ、主をたたえよ」 SSWV555-557
 シュッツ:詩篇第100篇「全地よ、主に向かって喜びの叫びを上げよ」SWV36
 シュッツ:聖歌「主にむかいて新しき歌をうたえ」SWV81
 プレトリウス:「使者たるポリヒムニア」
 ガブリエリ:カンツォン第2 番
 シュッツ:「我が魂は主をあがめ」SWV494
 エッカールト:「天にいますわれらの父よ」
 プレトリウス:「安らぎと喜びもてわれは行く」
 ハスラー:「われ神より去らじ」
 シャイト:「主をほめたたえよ」SSWV158
 ※録音:2018年2月16-18日/ニヨン教会(スイス)
----------
ルターにとって、宗教改革は、晩餐会などのカトリックの典礼儀式を残すことを決して否定するものではありませんでした。このアルバムではシュッツ、シャイン、シャイト、プラエトリウスなど、改革者が音楽に与えた役割と敬意を表した作品を収録しております。オルガンの名手ダニエル・メイランがラ・カメラータ・バロック、アンサンブル・フラトレスとともに当時の世界に誘います。
クラウディア・コネーゼ(ソプラノ)、パトリック・ポルシェ(テノール)、ラファエル・ハードマイヤー(バス・バリトン)、ラ・カメラータ・バロック、バロック・オルフェオ・アンサンブル、アンサンブル・フラトレス、ダニエル・メイラン(オルガン&指揮)/Daniel Meylan,La Camerata Baroque&Ensemble Fratres
12104010 / 2450 円 / HORTUS / 輸入盤 ご注文へ

故郷 第1集 - Homelands Vo.1 -
 1. コダーイ:マールタの風景
 2. バルトーク:4 つのハンガリー民謡
 3. バルトーク:4 つのスロヴァキア民謡
 4. ドヴォルザーク(ヤナーチェク編):6 つのモラヴィア二重唱曲
 5. シェーンベルク:3 つのドイツ民謡Op.49
 6. ブラームス:あそこの牧場に/静かな夜/故郷にてOp.64の1
 ※録音:2020年2月28日-3月1日/マリーエンミュンスター修道院(ノルトライン=ヴェストファーレン)
----------
アンサンブル・キテラは、ミハーイ・ゼケが2019年に結成した室内合唱団。メンバーの出身国は10に及び、汎ヨーロッパ的な志向を示しています。「故郷」と題されたシリーズで19-20世紀に民謡や伝承音楽に基づいて作られた合唱曲を紹介していく予定となっています。第1 弾は「ハンガリーからドイツ」と題されますが、バルトークのスロヴァキア民謡、ドヴォルザーク(ヤナーチェク)編曲のモラヴィア民謡も入っています。
ミハーイ・ゼケ(指揮)アンサンブル・キテラ、マリー・ヴェルムラン(ピアノ / 1896年製スタインウェイ)/Ensemble Cythera
12103006 / 2950 円 / Paraty / 輸入盤 ご注文へ

入荷日 2021/5/14

マイアミ大学男声グリークラブ - We Are: Miami University Men's Glee Club -
 アンソニー・J・マリョーネ:壁が崩れる
 ジェーク・ルネスタッド:サヤレー
 ポウル・ジョン・ルンドイ:ラスト・カインド・ワーズ
 ヴェリオ・トルミス:テオメへの歌
 クレイグ・ヘラ・ジョンソン:私たちは
 ほか全14曲
 [66:16]
----------
マイアミ大学男声グリークラブは1907年創立の伝統ある合唱団。このディスクでは20-21世紀のアメリカの作曲家の合唱曲が中心に歌われているが、中でもアルヴォ・ペルトと並ぶエストニアの作曲家ヴェジオ・トルミスの作品が収録されているのが注目。トルミスは東欧諸国、西ヨーロッパで盛んに歌われてきたが、近年ではアメリカでも人気が高い。日本でも東京混声合唱団が取り上げたことがきっかけでアマチュア合唱団がよく取り上げるようになっている。
ジェレミー・D・ジョーンズ(指揮)、マイアミ大学男声グリークラブ、ジョン・サンフォード(Pf)
12103014 / 2400 円 / Albany / 輸入盤 ご注文へ

時の風の中で - ラトビアのクリスマス音楽 - Latvian Christmas in the Winds of Time -
 ラウラ・イェカブソーネ(b.1985):クリスマス・カンタータ《来るのが遅くすぐに消える》
 マーティンス・ブラウンス(b.1951):クリスマス歌曲集
 アンドレイス・ヤンソンス(b.1938):クリスマス・カンタータ
 アンドリス・セヤンス(b.1978):7つのアンティフォナ
 [71:38]
 ※録音:2020年1月3-4日ラトヴィア放送レコーディング・スタジオ
----------
20-21世紀ラトビアの作曲家によるクリスマスに因んだ合唱作品を収録。収められた作品は国際的な作曲家ヴァスクスを生んだ国だけあっていずれも調性で明快に書かれた抒情的な音楽。ニューヨーク在住のラトビア出身の音楽家と故国の管弦楽団の共演によるコラボレーション。
ローラ・パデグス・ザムルス(指揮)、ニューヨーク・ラトビアン・コンサート・合唱団、ラトビア国立歌劇場室内管弦楽団、他、ソリスト
12103015 / 2400 円 / Albany / 輸入盤 ご注文へ

ペルト/ウルフ/ショウ:合唱作品集 - Choral Concert: Ars Nova Copenhagen - PART, A. / WOLFE, J. / SHAW, C. (… and …) - [未案内旧譜]
 1. キャロライン・ショウ(1982-): And the Swallow そしてツバメ
 2. 作者不詳: Venite a laudare 来たりて讃えよ(コルトーナのラウダ集)
 3. ジュリア・ウルフ(1958-): Guard My Tongue 悪を語らず、偽りを語らず
 4. 作者不詳: Cristo e nato キリストは生まれた(コルトーナのラウダ集)
 5. 作者不詳: Laude novella sia cantata 新たな賛美よ歌われよ(コルトーナのラウダ集)
 6. アルヴォ・ペルト(1935-): Drei Hirtenkinder aus Fatima
ファティマより来たれる3人の羊飼いの子供たち
 7. ペルト: Kleine Litanei 小さな連祷
 8. ペルト: Virgencita ビルヘンシータ
 9. 作者不詳: Oi me、 lasso、 e freddo lo mio core
ああ、かわいそうに、私の心は冷たい(コルトーナのラウダ集)
 10. 作者不詳: Altissima luce 最も崇高な光(コルトーナのラウダ集)
 11. 作者不詳: Sia Laudato San Francesco
聖フランチェスコは讃えられん(コルトーナのラウダ集)
 12. ペルト: Habitare fratres in unum 団結して一緒に
 13. ペルト: Alleluia tropus アレルヤ・トロプス
 14. ペルト: Ja ma kuulsin haale… (And I heard a voice…) そして私は声を聞いた
 ※録音:2019年1月26-27日、6月24日、2020年1月8日、ガルニソン教会、コペンハーゲン
----------
名指揮者ポール・ヒリアーとアルス・ノヴァ・コペンハーゲンが贈る「…and…」 と題された印象的なアルバム。1980年代後半に巻き起こった“アルヴォ・ペルト・ブーム”を牽引したヒリアーが選んだのは、ペルト、ジュリア・ウルフ、キャロライン・ショウの宗教的作品と、13世紀に中部トスカーナ地方で作られた「コルトーナのラウダ集」からの曲の組み合わせ。明確な調性が生まれる以前の音楽と、緩やかに調性が崩壊した後の音楽は驚くほどに似た風合いを持ち、800年の時を隔てた作品から生まれた幽玄な音世界は聴き手の耳にまっすぐ届きます。美しく澄み切った人の声のハーモニーを存分に味わっていただけることでしょう。
ポール・ヒリアー(指揮)、アルス・ノヴァ・コペンハーゲン
12009044 / 1300 円 / NAXOS / 輸入盤 ご注文へ


在庫品の購入

CD・楽譜【中古品】の購入

ジョヴァンニ・レコード/出版では、合唱団で揃えて楽譜をご購入を希望される際はお取り寄せで対応させていただきます。
下記フォームより楽譜名、部数などをお知らせいただきましたら、各出版社の在庫確認をして、納期・金額をお知らせいたします。
各出版社よりのお取り寄せになりますので、お急ぎの場合は在庫をお持ちの販売店様をご利用くださいませ。

合唱団用 楽譜在庫確認フォーム へ


以前の新譜案内

2000年                5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月
2001年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月
2002年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月
2003年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月
2004年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月
2005年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月
2006年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月
2007年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月
2008年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月
2009年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月  
2010年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月   
2011年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月 
2012年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月 
2013年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月 
2014年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月
2015年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月  
2016年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月  
2017年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月  
2018年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月  
2019年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月
2020年  1月  2月   3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月 
2021年  1月  2月   3月  4月  5月  6月