51811006 商品一覧

カテゴリー: キーワード: and or
現在のお買物金額:0 円

[表示対象件数:1 件]

前のページ   1 |   次のページ
▼イメージをクリックすると拡大・別アングルイメージがご覧になれます。▼
No. 画像 カテゴリー 名称/ID 数量 価格(税込み)
51811006 混声合唱とピアノのための組曲「草の上 〜測量船 より〜」 楽譜 混声合唱とピアノのための組曲「草の上 〜測量船 より〜」
[カワイ出版]

(在庫1冊)

1,728円

首藤健太郎

Prelude(ピアノ独奏) (1’00"") I (3’40”) II (3’00"") III (3’10"") IV (2’10”) ---------- 2017年度朝日作曲賞受賞作品。 「草の上」という一つの詩を4篇に区切り、一つの合唱作品としてまとめたもの。オペラの序曲のようなピアノソロの前奏曲で始まり、全5曲から成る。詩から受け取ったイメージやパワーを音楽で増幅させたいという思いで作曲した作品。 グレード:中〜上級 演奏時間:約13分 <まえがき>  私は近年、言葉のまとまりや詩自体の長さが比較的短い作品に対して曲をつけることが多いです。凝縮された表現の中から、その作品から受け取るエネルギーを自分なりに音楽で膨らますという行為に、クリエイターとしての喜びを感じているからだと思います。  三好達治の「草の上」は、草の上からうかがい知ることができる出来事という共通点でまとめられた、連作4篇の詩です。これら4つのドラマに音楽をつけ終えてみて、最後にピアノソロによるプレリュードを加えました。オペラの序曲のように、それぞれの曲のモチーフで構成されています。全体は、合唱とピアノがともに主張し合って一つの音楽が形作られることを目指し、ピアノは単なる伴奏ではなく、非常に重要な役割を担っています。また、合唱は歌謡的な部分はもちろん、器楽的な部分やソロもあります。  終曲の「検廚蓮2018年6月14日東京文化会館大ホールにて指揮を大谷研二さん、合唱を東京混声合唱団、ピアノを斎木ユリさんで初演されました。曲の持つキャラクターを活かした、とてもスピーディでコミカルな演奏でした。ありがとうございました。尚、今回の出版で「検廚涼羇嵒分は、合唱のパートが書き加えられ、さらに充実した内容になっています。  譜面を書くという行為はその音楽を自立させることなのではないかと思うことがあります。作品が作曲者から離れてゆき、様々な演奏家達と関わり、演奏され、成長していってくれたら本望です。様々な場所でたくさん演奏していただけたら、生みの親としてこれほど幸せなことはありません。今後も、本作品を含め、子供達の様々な姿を拝聴できることを楽しみにしております。  最後に、本作品の出版に際しお世話になった人々に感謝を申し上げます。ありがとうございます。(首藤健太郎)
前のページ   1 |   次のページ

▲ページトップ

WebCart - ショッピングカート