11902009 商品一覧

カテゴリー: キーワード: and or
現在のお買物金額:0 円

[表示対象件数:1 件]

前のページ   1 |   次のページ
▼イメージをクリックすると拡大・別アングルイメージがご覧になれます。▼
No. 画像 カテゴリー 名称/ID 数量 価格(税込み)
11902009 ゼレンカ:諸聖人のミサ(ドレスデン、1741) - Zelenka: Missa Omnium Sanctorum - 輸入盤 ゼレンカ:諸聖人のミサ(ドレスデン、1741) - Zelenka: Missa Omnium Sanctorum -
[GLOSSA ]

(在庫1SET)

2,700円

ルーベン・ヤイス(指揮)、ラバロッカ、カルロッタ・コロンボ(ソプラノ)、フィリッポ・ミネッチャ(カウンターテナー)、シリル・オヴィティ(テノール)、ルカーシュ・ゼマン(バス) laBarocca, Ruben Jais(cond)

 ゼレンカ:諸聖人のミサ(ドレスデン、1741) ※録音:2018年9月、オーディトリウム・ディ・ミラノ(イタリア) ---------- ■1998年から2007年にかけてミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響合唱団の指揮者を務めたルーベン・ヤイスが率いる、ミラノを拠点とする器楽と声楽のバロック・アンサンブル ""ラバロッカ(laBarocca)""。グルックのオペラ・アリア集(GCD 924101)、J.S.バッハのカンタータ集(GCD 924102)に続くGlossa第3弾は、ゼレンカのミサ曲! ■1679年ボヘミア生まれ、ザクセン選帝侯に仕え、ドレスデン宮廷で30年以上にわたり作曲家&コントラバス奏者として活動したヤン・ディスマス・ゼレンカ。晩年のゼレンカが自身の創作活動の集大成として作曲した連作ミサのうちの1つ、1741年にドレスデンで出版された、ソリスト、合唱と管弦楽のための「諸聖人のミサ(ミサ・オムニウム、サンクトルム)」。フィリッポ・ミネッチャ、シリル・オヴィティといったGlossaが誇る優れたソリスト、そしてラバロッカのハイクオリティな合唱と器楽が重要な貢献を果たす、ゼレンカの広大でダイナミックなミサ曲です。
前のページ   1 |   次のページ

▲ページトップ

WebCart - ショッピングカート