11811005 商品一覧

カテゴリー: キーワード: and or
現在のお買物金額:0 円

[表示対象件数:1 件]

前のページ   1 |   次のページ
▼イメージをクリックすると拡大・別アングルイメージがご覧になれます。▼
No. 画像 カテゴリー 名称/ID 数量 価格(税込み)
11811005 ブラームス:ドイツ・レクイエム Op.45 - Brahms: Ein deutsches Requiem - 輸入盤 ブラームス:ドイツ・レクイエム Op.45 - Brahms: Ein deutsches Requiem -
[GLOSSA ]

(在庫1SET)

2,950円

キャロリン・サンプソン(ソプラノ)、アンドレ・モルシュ(バリトン)、18世紀オーケストラ、カペラ・アムステルダム、ダニエル・ロイス(指揮) Orchestra of the Eighteenth Century, Cappella Amsterdam, Daniel Reuss(dir)

 ブラームス:ドイツ・レクイエム Op.45 ※録音:2018年5月、デ・ドゥーレン(ロッテルダム、オランダ) ---------- ■「ポスト=ブリュッヘン時代」へと突入したピリオド・オーケストラのパイオニア、18世紀オーケストラの音楽創造の旅路。前作ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」(PGCD 921124/GCD 921124)で、18世紀オーケストラのタクトを振ったオランダ古楽界の名匠ダニエル・ロイス。ポスト=ブリュッヘン時代のGlossa録音第2弾は、ブラームスの偉大な宗教作品「ドイツ・レクイエム」をレコーディング! ■古楽、合唱シーンでその卓越した手腕を発揮するダニエル・ロイスと自身が芸術監督を務める世界有数の合唱団カペラ・アムステルダム。ソリストは、前作に引き続き参加となる古楽系ソプラノの最高峰キャロリン・サンプソン、そしてアムステルダムとハーグで学び、ウィリアム・クリスティのル・ジャルダン・デ・ヴォワのメンバーともなったドイツのバリトン、アンドレ・モルシュです。ブリュッヘンが築いた18世紀オーケストラのサウンド、カペラ・アムステルダムの純度の高いハーモニーで、音色、解釈、テンポなど、ブラームス本来の意図に可能な限り近づけるよう試みた演奏です。
前のページ   1 |   次のページ

▲ページトップ

WebCart - ショッピングカート